〈3才-〉ジルキーベビー (髪色:ベージュ/茶色)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/13

〈3才-〉ジルキーベビー (髪色:ベージュ/茶色)

¥27,500 税込

送料についてはこちら

  • ジルキーベビー (髪色:ベージュ)

    残り1点

  • ジルキーベビー (髪色:茶色)

    残り1点

【年齢】 おすすめ年齢:3才頃から メーカー対象年齢:2才頃から ----------------------- 【ご紹介】 『ジルケ人形の赤ちゃん』 赤ちゃんのお世話ごっこを楽しむ人形。 ◾︎抱き心地の良い布製のお人形 とてもやさしい抱き心地です。身体はしっかりと作られています。手足はくたっとしていて、まるで赤ちゃんの様な抱き心地です。 ◾︎赤ちゃんのお人形 ジルケ人形はお友達。ジルキーベビーは赤ちゃんです。子どもの心がお母さんになります。 ◾︎やさしい素材と表情 肌ざわりの良いベロア地のつなぎを着ています。 敏感な子どもは使うものの素材に影響されます。ジルケちゃんは手作りなので、子どもが使用するときに丁寧に扱います。目や口が小さいので子どもの心の中で人形の心を想像します。笑ったり、泣いたり、時には怒ったり。ジルケちゃんは子どもの心にいつも、寄り添ってくれ流でしょう。 ◾︎手作りの人形です。 一体一体手作りの人形です。手作りだからこそのやさしい持ち心地です。胸でぎゅっと抱いていただくと人形の良さがわかります。 《2種類のジルキーベビー》 「ジルキーベビー」には2種類の髪色の子がいます。茶色、ベージュの2色からお選びください。 ▼髪色により目の色とリボンの色が異なります。 ・髪色 茶:目の色は茶色。髪はこげ茶色。髪のリボンは赤い色。 ・髪色 ベージュ :目の色はブルー。髪は金髪。髪についたリボンは水色。 ----------------------- ※ご購入の前にご確認ください※ ・お顔について:一体一体手作りのため「お顔」が一体一体異なります。 手作りのためどの子も同じ顔ではありません。世界に一体だけのお人形との出会いとして受け止めていただけたらと思います。 ※お人形のお顔の確認のご希望の際には『ご注文後(お支払い後)』にお受けしております。ご注文時にお問い合わせ下さい。 ・返品・交換について:お顔のお好みによる返品・交換をお受けできません。ご承知の上、ご注文ください。 ----------------------- ☆こちらもおすすめ ●ジルキーちゃんのお姉ちゃん? 「ジルケ人形(小)女の子 茶色の髪」:https://momotoys.stores.jp/items/5b4c5e4be8db411020005ead 「ジルケ人形(小)女の子 茶色の髪 花柄ワンピース」: https://momotoys.stores.jp/items/5b4c5e4be8db411020005ead ●ジルキーちゃんのベッドに。 「ノルベルト 木製ベッド」(※写真:13枚目):https://momotoys.stores.jp/items/5c63b0cb3b63654fbcaec887 ----------------------- 【ご紹介ブログ】 →「愛情」を育むおもちゃ -布製抱き人形『ジルケ人形』- (2018.12.18):http://www.momotoys.jp/2018/12/18/201812silkedolls_in_momo/ ----------------------- 【商品情報】 内容:本体 サイズ:身長約28cm(※若干の個体差があります) 材質:本体=綿 / ウール 付属品:箱なし 生産国:ドイツ ----------------------- 【パーツ対応】不可 ----------------------- ▷同じ種類のおもちゃ「ぬいぐるみ・人形」 https://momotoys.stores.jp/?category_id=5b654f8f5f786666ee000d99 ----------------------- ▷同じ時期におすすめのおもちゃ「ままごと/ごっこ遊び」:https://momotoys.stores.jp/?category_id=5b655000ef843f5a4c000def ----------------------- 【メーカー紹介】ケーセン社(ドイツ)KOESEN 1912年、ゲーテ街道の有名なワイマールの近くの保養地バート・ケーセンに、ケテ・クルーゼ夫人が工房を構えました。後にドイツの代表的な人形としてその名を世界的に知られるケテ・クルーゼ人形が製作されていた工房がケーセン社の前身です。第2次世界大戦後、東ドイツとなり、ケテ・クルーゼ社は西ドイツに移りました。残された工房は国営企業として人形やぬいぐるみを作り続けます。壁の崩壊後、短い期間ぬいぐるみの大手シュタイフ社の下請けをしていた時もあり多面的な意味で現在のケーセン社の誕生に役立ちました。シュタイフ社との提携契約が終了した時、社長はシュタイフを超える見事なぬいぐるみを作ろうと思い立ったのです。1992年自分たちの理想とするこれまでにない格調の高いぬいぐるみを目指し製作に取りかかりました。小さなメーカーですが世界でもっとも注目されているぬいぐるみメーカーとして、定評を得ています。 ▶︎同じメーカーのその他の商品:https://momotoys.stores.jp/?category_id=5b545c1550bbc37fb80036ce