〈5才-〉【ぬいぐるみ】ケーセン ソフトブラウンベア(小)
5c45600e14444844ca4d8ed8 5c45600e14444844ca4d8ed8 5c45600e14444844ca4d8ed8 5c45600e14444844ca4d8ed8 5c45600e14444844ca4d8ed8 5c45600e14444844ca4d8ed8 5c45600e14444844ca4d8ed8 5c45600e14444844ca4d8ed8

〈5才-〉【ぬいぐるみ】ケーセン ソフトブラウンベア(小)

残り2点

¥22,680 税込

送料についてはこちら

----------------------- 【対象年齢】 ▷購入時期目安(大人と一緒に遊ぶ時期):3才〜 ▷ひとりで遊ぶ時期(最もよく遊ぶ時期):5才〜大人 ----------------------- 【ご紹介】 ◾︎クマそのままを表現 毛や色をそのままぬいぐるみに仕上げています。 ◾︎体の中(お腹のあたり)にプラスチックビーズが入っています。まるで本物の動物を抱いているように心地よい感触です。 ◾︎抱き心地 毛は固くはありませんが、ふわふわではありません。抱くことは叶いませんが赤ちゃんのクマを抱いたらこんな感触なのでしょうか。と思います。(重くないです。) * 『最高品質のぬいぐるみを世に出すケーセン社』 旧東ドイツのぬいぐるみの老舗メーカーです。品質の確かさと美しいデザインで高い評価と信頼を得ています。 それぞれの動物の個性をできる限り本物に近い姿で表現しています。 最高品質を作り出す為に、工程には多くの手作業をしています。 <こだわりの布地> ケーセン社が徹底してこだわるのは布地の選択。特殊な布地や素材はドイツ・ベルギー・オーストリア・日本など国内外のメーカーに染めや織りを特注して調達しています。 動物やその特徴、形によって布地を素材を使い分けます。 1つの動物で20種類以上もの素材を使うものもあります。 ◎MOMO 店長コメント◎ 動物に私たちは心を惹かれたり、癒されたりします。 ケーセン社のぬいぐるみは本当の動物の表情や姿をぬいぐるみとして製作しています。ですから、本当の動物のようにケーセンのぬいぐるみの表情、感触、姿が私たちの心を癒してくれます。 大好きな動物を飼うことが難しい方やお子さんにお勧めいたします。 丈夫で長持ちの製品です。幼い時にご購入いただき愛用し、大人になった今でも部屋に飾っているお客様が多いぬいぐるみです。 家族のように大切なぬいぐるみとしてお使いいただいています。 ----------------------- ◎写真8枚目の商品「ジムナスティックボール ミニ・ナチュラル」:https://momotoys.stores.jp/items/5c4587ed14444854514d9070 ----------------------- 【ご紹介ブログ】 →【ブログ】ドイツ生まれのふわふわ茶色のクマ -ケーセン「ソフトブラウンベア」- (2018-12-19):http://www.momotoys.jp/2018/12/19/201812koesen_brownbear/ ----------------------- ※ご購入の前に※ まっすぐや左右対称ではありません。1つひとつ製作しているぬいぐるみですので、ご承知の上ご注文ください。 乗ることはできません。体重をかけると足など長さのある部分を痛めます。ご承知ください。 修理お受けできますが、ドイツでの修理のため修理代金と飛行機料金が費用としてかかります。(※お問い合わせください) ----------------------- 【商品情報】 内容:本体 サイズ:37cmL 材質:表面 アクリル・モヘア・合成皮革など / 中身ポリエステル / 目 プラスチック 付属品:箱なし 生産国:ドイツ ----------------------- ▷同じ種類のおもちゃ ・ぬいぐるみ・人形・ボール:https://momotoys.stores.jp/?category_id=5b654f8f5f786666ee000d99 ----------------------- ☆こちらもおすすめ →インテリア:https://momotoys.stores.jp/?category_id=5b422b9e5496ff3ac4006865 ----------------------- 【メーカー紹介】ケーセン社(ドイツ) KOESEN 1912年、ゲーテ街道の有名なワイマールの近くの保養地バート・ケーセンに、ケテ・クルーゼ夫人が工房を構えました。後にドイツの代表的な人形としてその名を世界的に知られるケテ・クルーゼ人形が製作されていた工房がケーセン社の前身です。第2次世界大戦後、東ドイツとなり、ケテ・クルーゼ社は西ドイツに移りました。残された工房は国営企業として人形やぬいぐるみを作り続けます。壁の崩壊後、短い期間ぬいぐるみの大手シュタイフ社の下請けをしていた時もあり多面的な意味で現在のケーセン社の誕生に役立ちました。シュタイフ社との提携契約が終了した時、社長はシュタイフを超える見事なぬいぐるみを作ろうと思い立ったのです。1992年自分たちの理想とするこれまでにない格調の高いぬいぐるみを目指し製作に取りかかりました。小さなメーカーですが世界でもっとも注目されているぬいぐるみメーカーとして、定評を得ています。 ▶︎同じメーカーのその他の商品:https://momotoys.stores.jp/?category_id=5b545c1550bbc37fb80036ce