〈3才-〉【人形/布製】ジルケ人形(小)女の子 金髪
5b4c5e4be8db411020005eb1 5b4c5e4be8db411020005eb1 5b4c5e4be8db411020005eb1 5b4c5e4be8db411020005eb1 5b4c5e4be8db411020005eb1 5b4c5e4be8db411020005eb1 5b4c5e4be8db411020005eb1 5b4c5e4be8db411020005eb1 5b4c5e4be8db411020005eb1 5b4c5e4be8db411020005eb1 5b4c5e4be8db411020005eb1

〈3才-〉【人形/布製】ジルケ人形(小)女の子 金髪

¥21,780 税込

送料についてはこちら

  • A (洋服:赤ポッケ)

    残り1点

  • B (洋服:花柄ワンピース)

    残り1点

  • C (洋服:花柄ワンピース)

----------------------- 【対象年齢】 ▷購入時期目安(大人と一緒に遊ぶ時期):2才〜 ▷ひとりで遊ぶ時期(最もよく遊ぶ時期):3才〜8才 ----------------------- 【ご紹介】 『我が子が「愛用する人形」に』 ◾︎抱き心地の良い布製のお人形です。 とてもやさしい抱き心地なのです。丈夫で永く愛用できます。子どもが中学生や高校生になった時に部屋に飾れます。 ◾︎ジルケちゃんはお友達 赤ちゃんのようなお世話遊びではなく、ままごと遊びのメンバー友達です。話相手としての存在です。ごっこ遊びのお客様に活躍してくれるでしょう。 ◾︎やさしい素材と表情 いつも、そばにいる人形は媚びないものを。敏感な子どもは使うものに影響されます。ジルケちゃんはやさしいので、子どもも、やさしく遊びます。目や口が小さいので子どもの心の中で、ジルケちゃんの表情が変われます。笑ったり、泣いたり、時には怒ったり。ジルケちゃんは心にいつも、寄り添ってくれます。    ◾︎幼い頃からの大切な人形 思春期になって、悩みが生まれてもジルケちゃんが聞いてくれます。ジルケちゃんにお話できます。 ◾︎一人で寝る時の為に(自立の時に) 心を通わせられるお人形は一緒にそばにいてくれます。 ◾︎手作りの人形です。 一体一体手作りの人形です。手作りだからこそのやさしい持ち心地です。胸でぎゅっと抱いていただくと人形の良さがわかります。 ----------------------- ※ご購入の前に※ 手作りのためどの子も同じ顔のジルケちゃんはいません。 ご購入の際には商品写真をご覧いただき、ご希望の顔のお人形をお選び下さい。(※画像左上に表示されているアルファベット) 人形は返品・交換をお受けできませんのでご承知の上、ご注文ください。 ----------------------- ☆こちらもおすすめ 「ジルケ人形(小)女の子 茶色の髪」もあります:https://momotoys.stores.jp/items/5b4c5e4be8db411020005ead ----------------------- 【ご紹介ブログ】 →「愛情」を育むおもちゃ -布製抱き人形『ジルケ人形』- (2018.12.18):http://www.momotoys.jp/2018/12/18/201812silkedolls_in_momo/ ----------------------- 【商品情報】 内容:本体 サイズ:身長約35cm(※若干の個体差があります) 材質:本体=綿 / ウール 付属品:箱なし 生産国:ドイツ ----------------------- 【パーツ対応】不可 ----------------------- ▷同じ種類のおもちゃ「ぬいぐるみ・人形」 https://momotoys.stores.jp/?category_id=5b654f8f5f786666ee000d99 ----------------------- ▷同じ時期におすすめのおもちゃ「ままごと/ごっこ遊び」:https://momotoys.stores.jp/?category_id=5b655000ef843f5a4c000def ----------------------- 【メーカー紹介】ケーセン社(ドイツ)KOESEN 1912年、ゲーテ街道の有名なワイマールの近くの保養地バート・ケーセンに、ケテ・クルーゼ夫人が工房を構えました。後にドイツの代表的な人形としてその名を世界的に知られるケテ・クルーゼ人形が製作されていた工房がケーセン社の前身です。第2次世界大戦後、東ドイツとなり、ケテ・クルーゼ社は西ドイツに移りました。残された工房は国営企業として人形やぬいぐるみを作り続けます。壁の崩壊後、短い期間ぬいぐるみの大手シュタイフ社の下請けをしていた時もあり多面的な意味で現在のケーセン社の誕生に役立ちました。シュタイフ社との提携契約が終了した時、社長はシュタイフを超える見事なぬいぐるみを作ろうと思い立ったのです。1992年自分たちの理想とするこれまでにない格調の高いぬいぐるみを目指し製作に取りかかりました。小さなメーカーですが世界でもっとも注目されているぬいぐるみメーカーとして、定評を得ています。 ▶︎同じメーカーのその他の商品:https://momotoys.stores.jp/?category_id=5b545c1550bbc37fb80036ce